若年性、30代40代での更年期

更年期については、本当に人それぞれの年代での発症と、またそれぞれに違った症状が現れます。

何となくイライラするけれど、でも何時ものことだしそのうち治まるだろうと思っていたら、何やら日が経っても良くならないでひょっとしたら更年期、と気がつく方もいらっしゃるでしょう。

また気持ちの浮き沈みが激しく疲れやすいなど、生理前に良く感じる感覚が常時続くと言う事で、これはと思い婦人科に行ってみたと言う方もおいででしょう。

他にも代表的な症状としては、火照りなどが上げられます。

手足の先は冷たいのに、顔や上半身だけが火照るなどの症状です。

これらの症状はそれほどひどくなければ無視も出来ますが、それでも毎日続いてしかも先が見えないと言う点で、またイライラが高じてきてしまいます。

鬱の症状とも似ていますので、その辺りは素人判断では見当がつきづらいです。

年代的に今では、早い人では30代で更年期が来てしまう人もいます。

ですのでまずご自分でチェックする場合、生理の不順と基礎体温を元にしてみましょう。普段から生理の不順な方だと、これもまた判断が難しいかと思われますが、とりあえずは婦人科に行くことをおすすめします。

婦人科で更年期と分かった場合、ホルモン治療をしてもらえますので、これが一番効き目が早く楽になれる治療法です。ホルモンの異常から発生している更年期の症状ですので、ホルモンを整えて上げれば劇症はおさまってくれます。

そして一番心にとめておいて欲しいのは、たかが更年期と言う考えは捨てて頂きたいと言う事です。

更年期も一種の病気には違いないのですから、専門家の治療を受けると言うのをためらわないでください。

特に30代40代で症状の出た場合は、まず婦人科での受診をおすすめしたいです。

自然に身体が老化していっての更年期は、こちらは自然の状態ですが、若年性の場合はある意味身体の不調と言う事ですので、甘く見ずに婦人科へ相談に行きましょう。

仲良くしましょう、更年期

女性なら誰でも、多かれ少なかれ出会う症状として更年期があります。
ほてり、倦怠感、生理不順(不正出血を含む)、動悸、めまい、、、など経験する症状も人それぞれです。

症状の重さも人により違うので、とても軽く更年期の時期を過ごす方もいらっしゃるようです。
始まる時期もそれぞれで、早い方は30代から症状が現れると言われています。

私は不正出血と身体の倦怠感を感じています。不正出血は突然やってきました。
元来生理不順の症状はなく、とても健康的に(産婦人科でそう太鼓判を押されていました)生理が来ていました。

妊娠した後も早く生理が戻ってきて、28日周期も狂うことなく戻ってきていました。
40代後半になって、出血量が少し減ってきていたのですが生理周期はほぼきちんと来ていたので、さほど気にせず過ごしていました。

日々の生活に追われてふと気が付くと、3か月ほど生理が来ていませんでした。
気が付いた時は正直びっくりして、いろいろな事を考えました。

年に1回、健康診断も受けていましたし(現在も受けています)、自分に更年期の症状があるとも感じていなかったので、原因がわからず不安を感じていましたがとりあえず婦人科を受診することに決め出かけました。
受診、検査結果は「更年期ですね」の医師の一言でした。

そうか、とホッとする反面、とうとう自分にもやってきたか、、と落ち込む部分もありました。

その時、医師に勧められたのが「大塚製薬のエクエル」です。

漢方薬を処方していただいたのですが、併せて服用すると効果がありますと勧められました。
その時は処方された漢方薬のみを服用しましたが、その後不正出血が始まりエクエルの摂取を考え始めました。

大型の生理用ナプキンが10分ほどで吸収できなくなるほどの出血が続き、貧血状態にもなったので再度受診をしました。

その時医師にエクエルの服用を相談したところ、「すぐには効果がないかもしれませんが、飲み続けてみませんか?」と言われ、服用を決めました。

それから1年経ちますが、更年期の症状は酷くならずにすんでいます。
もちろん不正出血もありますし、身体の倦怠感も全くなくなったわけではありませんが、あまり気にせずに生活することができています。

今は最初に処方された漢方薬を飲まず、エクエルだけを服用しています。

私の周りも様々な症状に悩まされています。
暗い表情で毎日過ごしている友人を見ていると、私はとてもラッキーなのではないかと感じるほどです。

更年期はとてもツライ症状です。
ただ自分に合ったものや、確かな診断・検査結果を得ることなどで生活の質が変わってくると思っています。

少し前向きに、更年期と向き合えるように「仲良く付き合う」と思いながら暮らしていきたいと考えています。

更年期障害であることを告白しましょう!

現在私は49才の主婦ですが、今まさに閉経を迎えたばかりです。

今までと違うかと言えば、急激な体の不調はありませんでしたが、数年前から、年に数回ですが突然激しいめまいに襲われるようになりました。

耳鼻科へ行っても、内科でも、脳外科でも特に異常はなし。
最終的に婦人科へ行きましたが、生理もあり、ホルモン検査でもひっかかるほどの数値ではなかったため、薬は使わず、経過観察で終わりました。

周りからは「更年期じゃない?」と言われ、ちょっと嫌な気持ちになったことはありました。

でも、一度めまいが起きると1~2日は全く動けなくなり、家族に迷惑をかけてしまいます。
幸いなことに、子供達も大きくなり、車の運転もできるようになった事もあり、いざとなったら、病院へ連れていけると安心しています。

閉経してからはまだ婦人科へは行っていませんが、めまいが起きた時には無理をせずに病院へ行ってみる事だと思います。

最近では、車の運転中、冬で寒いはずなのに、体のほてりを感じることが多くなりました。
汗だくになるようなことはないのですが、汗ばむ感じが強くなり始めて、臭いも気になるようになりました。

車の暖房を下げようとするのですが、同乗者は寒いと言って温度を上げてしまうので、困ることも……。
今は冬なので、そんな時には上着を脱いだりして調節したりしています。

めまいの時もですが、体のほてりも、やはり家族や知人などに伝えておくのが良いと思います。

私の場合、今のところその2つの症状以外は目立った症状はありませんが、周りに伝えておけば、更年期の特徴である不定愁訴のような事を訴えても、

突き放されず理解した態度をとってもらえるのではないかと思っています。

気になり始めたら、あれも、これももしかしたら更年期のせい?と思うような症状はあるのかもしれませんが、私の場合はとにかく気にしない事です。

理解者がいると思えるだけでメンタル的に安心感が持てるだけでなく、ポジティブな考えを保てるようになります。
また、どうしてもつらい症状が続く時には、迷わず婦人科(更年期外来)を受診したほうが良いと思います。
ホルモン療法でかなり症状は緩和されると聞きます。

更年期であることは恥ずかしくないし、女性として自然な現象だと思って付き合っていきましょう。

現在治療中です

更年期障害にかかって1年半。現在も色々な事を試行錯誤しています。こんなに辛いものだと思いませんでした。

私の症状は、更年期障害の中でも、自律神経失調症と不眠症、ほてり、のぼせ等々。ある日突然眠れなくなったのがきっかけでした。

眠れないのが10日以上続き(一日平均2時間睡眠)、布団に入っても4時間寝れないのは当たり前な感じでした。
いつでもどこでも眠れる私が、いきなり眠れなくなるって周りはびっくりしたほどです。

睡眠不足が続くと精神的にもおかしくなり、10日以上続いた時点で病院へ行く事に決めました。心療内科にかかりました。
医師は、「更年期障害ですね。自律神経失調症もあります。眠気が強い副作用がある不安薬を出します。」といって、お薬を出してくれましたが、それでも全くきかず。

1週間服用して改善されなかったので、睡眠薬をくださいといって薬を出してもらいました。

今思えば、その当時の精神状態は本当にひどかったと思います。
睡眠薬なんて安易に身体にいれてはいけないものだと自分なりに判っていたけれど、せっぱつまった状況ではそんなこと(睡眠薬を安易に入れること)がダメなんて思いもせず、むしろ、もう駄目だという状態で先生にお願いし、ようやく眠れるようになったのですが今度はいつになったら睡眠薬を飲み続けるのだろうという不安に変わりました。

睡眠薬で眠れるようになったころから、元の考えに戻ることができ、睡眠薬に頼るのではなく、自分なりに何か方法を考えなければと思えるようになりました。

相変わらずのぼせ、めまい等もありましたが、睡眠薬でもきちんと眠れているので、そこそこ日常生活を普通通りに送ることができ精神状態はそこそこ良く、追い詰められた感じはありませんでした。

まず、私が睡眠薬の生活から脱却するために始めたことは、規則正しく生活をして、食事も栄養バランスを考えて食べるという当たり前の事です。

そして、朝はセロトニンという脳伝達物質を取り入れるべく、朝日を浴びて20-30分ウォーキング。
仕事をしているので、通勤時にバスは辞めて歩くことにしました。

そして、お風呂は40℃のぬるいお湯に20-30分程汗がじんわり出る程度に入って、夜は副交感神経を高めるためにパソコン、スマートフォンは断ちました。

今も、頭を蒸しタオルで温めたり、お尻の上の仙骨と呼ばれる部分がリラックス効果が高い場所とのことでカイロを貼ってみたり、首は自律神経が沢山通っているので、温めると良いと聞けばすぐに実行してみたり。
GABAのサプリメント、脳神経伝達物質に作業するビタミンB群の摂取、それから夜に睡眠ホルモンに切り替わるためのアミノ酸「トリプトファン」をサプリで摂取し、プラセンタというサプリで様子を見てみるなどとにかくあれこれ試していたら、いつの間にか睡眠薬も不安薬も飲まずにだいぶ眠れるようになりました。

自分の身体をおざなりにしていたツケが来たのかと思います。

どうしても忙しいを理由に、自分の事を後回しにしてしまっていたので身体が悲鳴をあげていたのにも気づかなかったのかもしれません。

今は、まず第一に自分の身体の事を考えてあげられるようになりました。
するとおのずと身体も少しずつでも良くなっている気がしますし、毎日楽しく生活できています。

更年期障害になってしまっても、自分なりにどうすればよいのか「気づくこと」そして、自分の身体のために「してあげること」が一番の治療法だと思います。

40代半ばに訪れた不調

40代半ばになり、さまざまな不調で病院へ行くと大抵、「それは気のせい」、では済まなくなってきました。
良性ポリープ、不整脈、子宮筋腫など。。。

そのころ、あれ? と思うような不調は更に体の不調と共に起こって来ます。
疲れやすさ、忍耐、踏ん張り時に堪える精神力が無くなってきたりします。

そして何よりも夜、あぁ、疲れたと、ついこの間のようにばったり眠りに落ちることが出来なくなっても来ます。
不眠のことです。

そんな頃、女性は更に環境的にも、親の介護やついこの間まで可愛かった子供が反抗期の後、巣立って行ったり夫婦の間も、いつの間にか寂しいものになっていたりと何を自分は今まで歯を喰いしばって頑張ってきて、それがこの結果なのか?と虚しく思えるライフステージのイヴェントも重なってくるのです。

職場でもさらにストレスはかかります。
この心身共に訪れるさまざまな不調と、環境にどう付き合っていくのか。

まず第一は、この40代は自分に甘くし、多少の挫折や負担に思うことは、更年期中だから敢えて流せることがポイントになってきます。

そして手軽に出来る漢方薬の使用は、40に踏み入れたら取り入れるとよいでしょう。
特に「当帰芍薬散」は、血を綺麗にし、血流改善、によく、更年期にはおすすめの一つです。合わないひと、全く効果を感じないひともいるそうなので、始めは少し試してみてはいかがでしょうか。

夜眠れないときも、現在は、薬局で自然なものから出来た睡眠導入の薬も発売発されているそうです。
アロマなども取り入れるとよいかもしれません。

更年期は全く無かったという話も聞きますが、現在では、男性にもあることが知られてきました。 
この変わり時、ここまでやって来た、乗り越えて生きて来た自分を労り、今後を考えながら、趣味などを持って楽しく乗り切れたらよいと思います。

男女良性とも、自分を思いやりながら、たとえ働き盛りの中でも、揺らぐからこそ、それを認め、焦ることなく足取りをしっかりしていきたいものだと思います。

ストレスもホルモンバランスに影響します

女性のホルモンバランスはちょっとしたことで乱れます。
乱れる大きな原因としてストレスがあります。
ストレスによる体調不良はもしかすると女性ホルモンの乱れからくるものかもしれません。

まず多いのは生理不順の悩みではないでしょうか?
わたしは昔いわゆるブラック企業と言われている会社で事務職として働いていました。1日5時間程度の残業は当たり前!
月末や月初には日付を超えることもありました。もちろん半分以上がサービス残業です。そんな毎日に振り回される中で何度か生理が来ないこと、逆に生理が終わったばかりなのにまた来る、など婦人科にお世話になることがありました。
その時にドクターに言われたのは女性はストレスによってホルモンバランスが乱れやすい、そのせいでこのような症状がでることがあるとでした。

また、自律神経失調症もホルモンバランスの乱れからくる症状の代表的な物です。
自律神経をつかさどる脳の部分と女性ホルモンの分泌を指示する脳の部分はとても近いところにあり、お互いの不調が関係し合い症状を引き起こすそうです。
頭痛や不眠は代表的な症状として有名ですよね。あとはめまいや倦怠感なども引き起こすとてもやっかいなものです。

そして、不妊にも女性ホルモンの乱れが関係しているのです。
ホルモンが乱れることで、排卵できなかったり、着床時期に子宮内膜が妊娠に適した状態にならず着床しにくくなったり…
必要な時期に必要な量の女性ホルモンがきちんと出せることで、スムーズに妊娠できるように女性の体はなっているのです。

現代はストレス社会です。
仕事、友人や家族との人間関係、社会の格差などあらゆるストレスの中で生きています。
ストレスと上手に付き合うことで、女性ホルモンが整い、体の不調が軽くなるのではないでしょうか?

忙しい毎日ですが、たまには立ち止まり自分の心と体を労わってあげましょう。

ストレス解消時間を持とう

ホルモンバランスの乱れによる更年期障害

女性は、40代半ばから50代半ばに向けて、閉経になると言われています。
身体が中年期から高年期に向かう準備期間で、これまでのように身体に無理が効かなくなっていきます。

何でもないのに多量に汗をかいたり、不安に感じたり、妙に落ち込んだ気分になってしまったり、食習慣など生活習慣を見直さないと乗り越えられないなあと私自身感じる事があります。

体調によって、物が見え方が違ってきて、細かい物をみるのが億劫なときもあったり、持続力がなくなり同じ作業を長時間続ける事が困難になるときもあり、身体もだるく、すきっとしない気分を最近はずっと感じています。

私の場合は、子宮筋腫による貧血が主な原因で、ホルモン数値は平常だったのですが、年齢に見合った数値という事で、決して数年前のような体調に戻る事もなく、日々生活習慣の見直しをしているところです。

基本的には、規則正しい生活、食事時間、睡眠時間に気を配る、ストレスをためない、適度な運動、栄養バランスのとれた食生活など、挙げだすときりがないですが日々快適に暮らせるよう心がけています。

独身で一人暮らし、家庭を持つ主婦に比べると、仕事はしていてもかなり自由な時間が持て生活に余裕は出てくるのですが、子宮筋腫による月経過多がかなり身体にダメージを与え、精神的にも堪えます。

婦人科にて定期検診を受け、血液検査をし、鉄分の数値があまりに低い場合は、フェリチン注射による治療を行っていますが、早く閉経を迎えたい思いにも駆られます。

食事は、タンパク質、イソフラボン、鉄分などをなるべく摂取する事を念頭に入れてますが、多量の出血に身体が追いついていない状態です。

それでも、婦人科にてこの不調を訴えても年齢的には経過観察で、自然に収まって行く事を願うか、ひどくなるようであれば、薬剤投与など治療方法も、症状を緩和させる方向で外科的手術は行わないような治療方針みたいです。

昔に比べ、女性の身体は月経による負担が増えてきているといいます。

現代病の一種ともいえる病気なのかも知れませんね。

子宮筋腫と貧血

若年性更年期?ホルモン不足による様々な症状

私は今まで、女性ホルモンの不足により生理不順や体調不良を起こしてきました。そのときは、更年期障害のような症状が現れました。主に起こった症状は、めまいや頭痛、のぼせ、イライラや軽いうつ状態(生理前など)でした。原因は、もとから無月経で生理が遅れていたことと、ダイエットによる食事制限、夜型の生活が原因でした。

体調改善のためにやってきたこと

私が改善のためにやってきたことは、体を冷やさないために白湯を朝と寝る前に飲むことを習慣にさせること、豆乳を飲むこと(豆乳には女性ホルモンに似た性質を持つイソフラボンが入っているので飲んでいました)そして、週に1回、病院にプラセンタを注射しに行っていました。
そして一番効果があったのは、ピルの服用を毎日決まった時間に飲むことにより、女性ホルモンが安定して、生理が遅れずに来るようになり、今まで寝込むほど酷く、会社にも行けないレベルだった生理痛も、とても軽くなりました。

女性ホルモンの改善方法としておすすめな食べ物としては、女性エストロゲンに似た性質を持つイソフラボンを使ったレシピで、絹豆腐に、きなこ、はちみつをかけた食べ物です。沢山食べても太らず、デザート感覚で食べられるので女性にはぴったりの食べ物だと思います。
他には、リラックス効果のあるローズマリーやカモミールティーを飲んだり、アロマテラピーを受ける事もお勧めします。
アロマテラピーは美容にも非常に良いし、リラクゼーション効果が強いので、生理前や後など、お肌が気になる人や、イライラしがちのひとにとても効果があるんじゃないかな、と思います。

そして、女性ホルモンを改善することで最も基本的なことは、ストレスを溜めないこと、女性ホルモンは夜に作られるので、夜型の生活をやめて、規則正しい生活を心掛ける事、薄着をして体を冷やさないこと、過度なダイエットをしないことが大切だと思います。
これらを気をつけて生活するだけで、私はかなり、女性ホルモンが安定して生理痛も軽くなりましたし、体調の不調もなくなりました。

リラックスタイムも必要